在宅コールセンター メリット デメリット

在宅コールセンターとはどんな仕事?そのメリット・デメリット

 

在宅コールセンター メリット デメリット

 

在宅ワークの中では比較的に高収入と言われる在宅コールセンター
ですが、どんな仕事内容なのでしょうか?
在宅コールセンターを検討している人のために
そのメリット・デメリットを含めてご案内します。

 

 

在宅コールセンターとは

 

在宅コールセンターとは、お客様の電話対応を在宅で行う業務形態を指します。
具体的な業務内容としては

・商品やサービスの導入を提案するセールスワーカー
・法人・個人に向けた簡単なアンケート調査を行うリサーチワーカー
・お客様からの問い合わせ対応をするカスタマーワーカー

など他にも様々な業務があります。

 

 

 

在宅コールセンターのメリット

 

在宅コールセンター メリット デメリット

@通勤の必要がない

 

通勤があると、時間に追われる、焦る気持ちが常につきまといますが、
在宅コールセンターでは通勤の必要がないので
仕事が始まる時間ギリギリまでは、
料理をしたりお茶碗を洗ったりと家事もすることができます。

 

A仕事とプライベートの両立もしやすい

在宅勤務のメリットとして空いた時間を家事や育児に充てたり、
仕事の合間に介護をしたりと、
仕事とプライベートの両立もしやすくなります。

 

B服装・髪色が自由、マスクをしなくてよい

会社勤務のコールセンターではある程度、服装・髪色のしばりがあったり
最近ではどこの会社でもマスクの着用が必要です。
在宅コールセンターならばその必要がないので、気が楽ですよね。

 

C在宅ワークの中では高収入

在宅コールセンターは在宅ワークの中で高収入の部類です。
時給制や固定給ではなく、電話1本あたりや
契約1件ごとに給与が決まる、成果型報酬の会社が多いのです。
もちろん、がんばり次第ですが高収入を狙える業種なのです。

 

 

 

在宅コールセンターのデメリット

 

在宅コールセンター メリット デメリット

 

@同僚や先輩、上司がいない

会社勤務のコールセンターであれば、周囲にいる同僚や先輩、上司の
上手な言い回しを真似したり、助言をもらえます。
在宅では周囲に誰もいないので、周囲の人をお手本にすることができません。

 

A孤独なので焦る場合もある

上記に関連する事なのですが、
お客様の応対方法が分からなかったり、クレームになった時
一人では対応に困る場合があります。
その場合会社に連絡を取り相談します。
お客様には電話を保留にして待っていただいたり
折り返し電話しますと伝えて一旦電話を切ります。
心配しなくても、大抵のことはなんとかなるのですよ!

 

B自己管理が必要

在宅ワークは自由度が高い反面オンとオフの切り替えが必要になります。
「自由度の高さ」ゆえに自己管理が出来ないと、思うように稼げません。
反対にオーバーワークになり、心身に不調をきたす方もいます。
怠けたり働きすぎたりしないように、自分自身をしっかり管理する必要があるのです。

 

Cある程度のメンタルの強さが必要

成果型報酬の会社が多く、稼ぐにはある程度のがんばりが必要です。
電話しても、不在だったり、いらないと言われたり、ある程度のメンタルの強さが
必要です。
まあ、どんなお仕事でも楽には稼げないって事なのです。

 

 

 

【Youtube動画】実際、やってみたらこんな感じ!

 

実際、やってみたらこんな感じ!

 

 

 

在宅コールセンターの仕事探しはコールシェアがオススメ

 

在宅コールセンターで働いてみたいなという人は
コールシェアで探してみてはいかがですか?

 

オンライン説明会で不安な事は確認しましょう

複数人でのオンライン説明会で不安な事は確認できます。
所要時間は30分で仕事内容や質問に回答してくれます。
気になることがある方は、オンライン説明会で確認できるので安心ですよね。

 

未経験でも大丈夫

テレビ電話での研修あります。
仕事中も不安な点はチャットで常にコールシェアサポートと
やり取り可能で安心して仕事に取り組めるのです。

 

時給換算、平均で1,400円超え

例えば、月収モデルケース

・フルタイムで働く方:1日6h × 月20日勤務=34万
・隙間時間で勤務する主婦の方:1日4時間 × 14日勤務=8〜9万